秋田犬の子犬やブリーダーも探せる犬図鑑。

サイトマップ

 

秋田犬

秋田犬

原産国 日本
分類 JKC:第5グループ
ACK:ワーキング
KC:ユーティリティ
体高

オス:約67cm

メス:約61cm
体重

--

 

秋田犬の歴史

秋田犬の歴史秋田犬は、天然記念物に指定された日本原産の7犬種の1つで、国内では最大の体高を誇る大型犬です。秋田犬の歴史は意外に浅く、現在のタイプに固定されたのは近年のことです。秋田犬の祖先犬は、秋田地方で古くから熊猟犬として活躍していた秋田マタギで、昭和6年に秋田犬が天然記念物に指定されるまでは、“大館犬”と呼ばれていました。

 

大館犬は、秋田県の大館地方で熊猟犬として飼育されていましたが、明治に入ると闘犬としても利用されるようになります。しかし、中型犬である大館犬は、どうしても土佐犬に勝てず、大館犬を大型にする改良が進められることになりました。こうして、大館犬は土佐犬やマスティフなどと交配し大型化され、秋田犬の基礎犬が誕生しました。ただ、この交配によって、秋田犬らしい容姿が乱れることもあったといわれています。

 

その後、昭和6年に秋田犬が天然記念物に指定されると、愛好家たちによって秋田犬の再興と改良が進められ、現在の秋田犬の容姿に固定されていきます。ちょうど同じ頃、9年間に渡って渋谷駅で死んだ主人を待ち続けた忠犬ハチ公の話が新聞やラジオで広がり、秋田犬は一躍日本全国で知られるようになりました。

 

1937年には、ヘレン・ケラーが日本から帰国する際に“神風号”という秋田犬を持ち帰り、はじめてアメリカに秋田犬が渡りました。また、戦後にはアメリカ兵が多くの秋田犬を持ち帰り、アメリカでは日本をしのぐ人気犬種になりました。秋田犬は、海外ではジャパニーズ・グレート・ドッグやジャパニーズ・アキタという名前で公認されています。

 

このページのトップへ

秋田犬の性格

秋田犬は、飼い主に対してはとても忠実で従順です。一般的に沈着で、行動は控えめですが、独立心が強く頑固な面も持ち合わせています。また、防衛本能が高く、見知らぬ人や他の動物に対しては攻撃的になることがあるので、注意が必要です。

 

このページのトップへ

秋田犬の飼い方

秋田犬は、しっかりした犬小屋を用意してあげれば屋外で飼育することが可能です。ただし、家族としっかりコミュニケーションをとるために、自由に屋内外を行き来できるようにしてあげると理想的でしょう。運動は毎日欠かすことができず、肉体的な運動と知的な運動を取り入れてあげる必要があります。長めの散歩やジョギング、ゲーム遊びなどを行いましょう。また、社会性を身に付けるためにもしつけはしっかり行い、命令には忠実に従うように訓練してください。県によっては秋田犬を特定犬に指定し、飼育方法に制限を設けているところもあるので、よく確認してから飼うようにしましょう。被毛は、週に1〜2回ブラッシングをしてあげれば十分です。

 

このページのトップへ

秋田犬の毛色

秋田犬の毛色は、赤、虎、白、胡麻があり、白以外は尾や腹や肢の裏が白でなければならないとされています。

 

秋田犬の毛色

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

秋田犬の病気

純犬種のほとんどは、目標とする理想的外貌が得られるように近親交配がなされ作出されており、秋田犬もその例外ではありません。この作出のプロセスにおいて、望ましい遺伝子の固定化に隠れ、望まぬ遺伝的疾患の素因が固定されている場合があります。いわゆる血統上の弱点です。これは秋田犬特有の問題ではありませんが、例外でなく素因を持っている可能性が高いと理解してください。

 

■気をつけたい病気■

・股関節形成不全 

 

※これらはすべての秋田犬に起こる訳ではなく、また秋田犬特有の疾患でもありません。

 

このページのトップへ