ブル・テリアの子犬やブリーダーも探せる犬図鑑。

サイトマップ

 

ブル・テリア

ブル・テリア

原産国 イギリス
分類 JKC:第3グループ
ACK:テリア
KC:テリア
体高

オス・メスともに53〜56cm

ただし、制限はない

体重

オス・メスともに24〜28kg

ただし、制限はない

 

ブル・テリアの歴史

ブル・テリアの歴史ブル・テリアは、ブル・ファイティング(犬と牛を戦わせる)やベア・ファイティングが盛んだった19世紀はじめに作出された、比較的新しい犬種です。ブル・テリアの基となったのは、ブル・テリアとホワイト・イングリッシュ・テリアで、当時は「ブル・アンド・テリア」と呼ばれていました。

 

当時、イギリスでは「闘犬」がブームで、優秀な闘犬であるブル・テリアは、多くの人々から人気を得ました。しかし、1835年に闘犬が廃止されたため、ブル・テリアは家庭用番犬に向くように改良されたのです。

 

1860年頃には、バーミンガムに住むジェームス・ヒンクスがホワイトのブル・テリアを作出し、その固定のために繁殖を続けました。現在でこそ、ブル・テリアといえば「白」というイメージがありますが、当時は毛色もさまざまだったのです。

 

その後、ブル・テリアはドッグショーで注目を集め、たちまち人気犬種になります。さらに、ブル・テリアの防衛能力は多くの人々に認められ、「ホワイト・キャバリア(白い騎士)」とも呼ばれるようになりました。 1936年にはAKCに犬種認定され、現在でもショードッグやペットとして、根強い人気を誇っています。

 

このページのトップへ

ブル・テリアの性格

ブル・テリアは愛嬌があり、活発で遊び好きな犬です。愛情深くてよく言うことを聞きますが、頑固な面を持っています。また、他の犬や小動物に対しては、攻撃的な一面も持ち合わせていますので注意しましょう。

 

このページのトップへ

ブル・テリアの飼い方

ブル・テリアは屋外ではなく、主に室内で飼育することをおすすめします。ただし、活発なので毎日の運動は欠かせません。また、頭を使うゲームなどを取り入れのもおすすめです。被毛は短いため、最低限のケアをしていれば問題はありません。

 

このページのトップへ

ブル・テリアの毛色

ブル・テリアの毛色は、ホワイトがメインになりますが、ブラック・ブリンドルやレッド、フォーン、トライカラーが許容されています。ただし、ブルーやレバーは非常に好ましくないとされています。

 

ブル・テリアの毛色

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

ブル・テリアの病気

純犬種のほとんどは、目標とする理想的外貌が得られるように近親交配がなされ作出されており、ブル・テリアもその例外ではありません。この作出のプロセスにおいて、望ましい遺伝子の固定化に隠れ、望まぬ遺伝的疾患の素因が固定されている場合があります。いわゆる血統上の弱点です。これはブル・テリア特有の問題ではありませんが、例外でなく素因を持っている可能性が高いと理解してください。

 

■気をつけたい病気■

・聴覚障害 ・腎臓疾患 ・心臓疾患 ・膝蓋骨脱臼

 

※これらはすべてのブル・テリアに起こる訳ではなく、またブル・テリア特有の疾患でもありません。

 

このページのトップへ