ミニチュア・シュナウザーの子犬やブリーダーも探せる犬図鑑。

サイトマップ

 

ミニチュア・シュナウザー

ミニチュア・シュナウザー

 

ミニチュア・シュナウザーの歴史

ミニチュア・シュナウザーの歴史ミニチュア・シュナウザーは、一見スタンダード・シュナウザーを単に小型化したものと思われがちですが、実はそうではありません。19世紀の終わりに、小型のスタンダード・シュナウザーとアッフェン・ピンシャー、ミニチュア・ピンシャーを異種交配して作出された比較的新しい犬種です。

 

ドイツでは、ミニチュア・シュナウザーは農場でネズミ捕りのために飼育されており、ミニチュア・シュナウザーの特徴的な口ヒゲや眉毛は、ネズミの反撃から顔を守るために残されているそうです。また、ドイツ語で口ヒゲを「シュナウツ」と言い、ミニチュア・シュナウザーという名前はこれに由来しています。

 

多くのテリア種は小害獣を捕らえるために攻撃的な性格をしていますが、ミニチュア・シュナウザーは小型の農場犬として改良された歴史を持つため、穏やかで従順な性格をしています。また、 ミニチュア・シュナウザーの耳は自然の状態では垂れていますが、断耳して立耳にすることがあり、尾は出産直後に断尾されます。

 

現在、ミニチュア・シュナウザーは世界中で家庭犬と飼育され、常に人気ランキングの上位をキープしています。また、日本でも近年は流行犬のひとつとして紹介され、愛好家が増加しています。

 

このページのトップへ

ミニチュア・シュナウザーの性格

ミニチュア・シュナウザーは好奇心が強く活発な性格をしています。また、利口で警戒心が強く、勇敢な面も持ち合わせています。テリア種ではありますが、他のテリアと違い、それほど攻撃的ではありません。また、頑固な面はありますが、飼い主に対しては忠実に従います。子供との相性はよいでしょう。

 

このページのトップへ

ミニチュア・シュナウザーの飼い方

ミニチュア・シュナウザーは活発な犬種なので、毎日の運動が欠かせません。ただし、激しい運動は必要なく、短めの散歩やゲーム遊びをしてあげれば十分でしょう。屋外で飼育することもできますが、基本的には屋内で家族と一緒に飼育することをおすすめします。また、ミニチュア・シュナウザーの被毛はトリミングが必要ですが、被毛本来の美しさを保ちたいのであれば、バリカンで刈るのではなく、被毛を抜いてあげましょう。断尾、断耳している場合は、ケアを怠らないようにしなくてはなりません。

 

このページのトップへ

ミニチュア・シュナウザーの毛色

ミニチュア・シュナウザーの毛色には、以下のものがあります。

 

ミニチュア・シュナウザーの毛色

・ソルト・アンド・ペッパー

・ブラック

・ブラック・アンド・シルバー

・ホワイト

 

※ダーク・アイアン・グレーからシルバー・グレーまでの色調は全て許容されています。ただし、どの毛色も各々の毛色に調和する暗色のマスクでなければなりません。

 

このページのトップへ

ミニチュア・シュナウザーの病気

純犬種のほとんどは、目標とする理想的外貌が得られるように近親交配がなされ作出されており、ミニチュア・シュナウザーもその例外ではありません。この作出のプロセスにおいて、望ましい遺伝子の固定化に隠れ、望まぬ遺伝的疾患の素因が固定されている場合があります。いわゆる血統上の弱点です。これはミニチュア・シュナウザー特有の問題ではありませんが、例外でなく素因を持っている可能性が高いと理解してください。

 

■気をつけたい病気■

・進行性網膜萎縮症 ・尿石症 ・停留睾丸

 

※これらはすべてのミニチュア・シュナウザーに起こる訳ではなく、またミニチュア・シュナウザー特有の疾患でもありません。

 

このページのトップへ