ニューファンドランドの子犬やブリーダーも探せる犬図鑑。

サイトマップ

 

ニューファンドランド

ニューファンドランド

 

ニューファンドランドの歴史

ニューファンドランドの歴史ニューファンドランドは、カナダのニューファンドランド島で発展してきた大型犬で、ニューファンドランドという犬種名は、この島の名前に由来しています。ニューファンドランドの起源については、クマのように大きな黒いマスティフ系の犬が祖先犬だという説や、グレートピレニーズやフランス系のハウンドが祖先犬だという説などがありますが、どの説も詳細は分かっておらず、ニューファンドランドの起源は未だに不明なままです。

 

ただ、ニューファンドランドは、古くからニューファンドランド島で漁師の手伝いをしていたことは確かで、重荷を引いたり、溺れた船乗りを救出したりしていました。ニューファンドランドは大型犬でありながら非常に泳ぎが上手く、水中での活動がしやすいように水かきのような膜があります。セント・バーナードが“山岳地の救助犬”といわれるのに対して、ニューファンドランドは“海の救助犬”と呼ばれるほど、数々の救助実績を残しています。

 

ニューファンドランドの伝統的な被毛色といえばブラックですが、ホワイト&ブラックの被毛色を持つニューファンドランドも古くから存在し、この被毛色を持つニューファンドランドを“ランドシーア”と呼びます。ランドシーアという名前は、動物画家の“エドウィン・ランドシーア”に由来し、この犬を好んで描いていたことから、そう名付けられたと伝えられています。

 

18世紀前後には、ニューファンドランドはイギリスに渡り、ヨーロッパで開催されるドッグショーに参加するようになります。その後、ニューファンドランド島ではニューファンドランドの数が減少し、イギリスからニューファンドランドを逆輸入しました。現在、ニューファンドランド島で飼育されているニューファンドランドは、イギリス血統のものが主流となっています。

 

このページのトップへ

ニューファンドランドの性格

ニューファンドランドは、とても穏やかなで社交性のある犬種です。愛らしい雰囲気と、家族思いの性格は、深い信頼関係を築くことができるでしょう。また、正義感も強く、家族が危険にさらされていると感じた場合は、家族を守ろうとしてくれます。子供に対しても優しく接してくれるので、子供の遊び相手としても最適です。

 

このページのトップへ

ニューファンドランドの飼い方

ニューファンドランドは、特別暖かい地域でなければ屋外で飼育することも可能です。ただ、家族と一緒に過ごすことを喜ぶ犬種なので、できれば屋内外を自由に行き来できる環境を用意してあげるのが理想的です。運動は毎日欠かすことができません。適度な散歩やゲーム遊びなどを行いましょう。被毛は、週に2〜3回グルーミングを行い、こまめにシャンプーをしてあげてください。

 

このページのトップへ

ニューファンドランドの毛色

ニューファンドランドの毛色は、ブラック、ホワイト&ブラック、ブラウンの3色が認められています。ブラックとブラウンは、胸、指趾、尾の先端にあるホワイトの斑は許容されています。被毛は滑らかな手触りで、水を弾く性質を持っています。

 

ニューファンドランドの毛色

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

ニューファンドランドの病気

純犬種のほとんどは、目標とする理想的外貌が得られるように近親交配がなされ作出されており、ニューファンドランドもその例外ではありません。この作出のプロセスにおいて、望ましい遺伝子の固定化に隠れ、望まぬ遺伝的疾患の素因が固定されている場合があります。いわゆる血統上の弱点です。これはニューファンドランド特有の問題ではありませんが、例外でなく素因を持っている可能性が高いと理解してください。

 

■気をつけたい病気■

・肘関節形成不全 ・股関節形成不全 ・大動脈弁下部狭窄症 ・胃捻転

 

※これらはすべてのニューファンドランドに起こる訳ではなく、またニューファンドランド特有の疾患でもありません。

 

このページのトップへ