プードルの子犬やブリーダーも探せる犬図鑑。

サイトマップ

 

プードル

プードル

原産国 フランス
分類 JKC:第9グループ
ACK:トイ
KC:ユーティリティ
体高

[スタンダード・プードル]

45〜60cm。上下2cmまでが許容されている

 

[ミニチュア・プードル]

28cm〜35cm

 

[トイ・プードル]

28cm以下
体重

--

 

プードルの歴史

プードルの歴史プードルの原産国はフランスとして知られていますが、その説には疑問の声が多くあります。その理由は、かなり古い時代から世界中のあらゆる地域でプードルの存在が確認されているからです。

 

なかでも、ドイツ原産の「バーベット」という犬は現在のプードルにもっとも影響を与えたとされ、プードルという名前も、ドイツ語の「プーデル(水たまり)」に由来しているとされています。ですから、現在ではプードルはドイツからフランスに渡ったのではないかという説が有力視されています。

 

プードルは水中での作業を得意とし、古くからヨーロッパ各地でカモ狩りなどに用いられました。そのため、水の抵抗を少なくするために胸部や四肢など、保護しなくてはならない箇所以外、被毛をカットするようになりました。現在、プードルがドッグショーに参加する際にカットスタイルが決められているのは、当時の習慣に由来しているためです。

 

現在、プードルは3つのサイズに分類され、大きいものからスタンダード・プードル、ミニチュア・プードル、トイ・プードルと呼ばれます。なかでもトイ・プードルは近年爆発的な人気を誇り、毎年人気犬種ランキングの上位をキープしています。

 

【トイ・プードルについて】

プードルの中でも、ダントツで人気なのがトイ・プードルです。日本では、「テディベア・カット」で大ブレイクし、レッドやアプリコットの毛色のものは、驚くような価格で取引されました。トイ・プードルはスタンダード・プードルを改良して作出されたとされ、1700年代後半に作出されたとされています。

 

※最近、トイ・プードルのさらにサイズの小さいプードルとして、「ティーカップ・プードル」が登場しています。しかし、実際に「ティーカップ・プードル」という犬種は存在していません。トイ・プードルの未熟児を「ティーカップ・プードル」として紹介しているところが多くありますので、注意が必要です。

 

このページのトップへ

プードルの性格

プードルはとても利口で飼い主の言うことをよく聞きます。様々な犬種の中でも、もっともしつけをしやすいと犬種と言えるでしょう。また、プードルは自立心が強く、思考力にも長けています。飼い主に対しては愛情深く、いつも飼い主を喜ばせようとします。

 

このページのトップへ

プードルの飼い方

プードルは頭と身体を使う運動を毎日行いましょう。短めの散歩やゲームなどがおすすめです。屋外で飼育する犬種ではないので、屋内で飼育するようにしましょう。また、プードルの特徴的な被毛は、毎日ブラッシングを行い、顔と足回りは毎月トリミングしてあげることをおすすめします。被毛を見る限り、いかにもたくさん抜けそうに思われますが、実際に抜け毛は少ないため、犬の毛のアレルギー体質の方にも向く犬種といえます。

 

このページのトップへ

プードルの毛色

プードルの毛色は、きれいな単色であることが理想とされています。以下はその代表的な毛色になります。

 

ブラック、ホワイト、グレー、ブルー、レッド、ブラウン、アプリコット、クリーム、シルバー、シルバー・ベージュ

 

プードルの毛色

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

プードルの病気

純犬種のほとんどは、目標とする理想的外貌が得られるように近親交配がなされ作出されており、プードルもその例外ではありません。この作出のプロセスにおいて、望ましい遺伝子の固定化に隠れ、望まぬ遺伝的疾患の素因が固定されている場合があります。いわゆる血統上の弱点です。これはプードル特有の問題ではありませんが、例外でなく素因を持っている可能性が高いと理解してください。

 

■気をつけたい病気■

・皮膚疾患 ・膝蓋骨脱臼 ・てんかん ・白内障 ・停留睾丸 ・眼瞼内反症

 

※これらはすべてのプードルに起こる訳ではなく、またプードル特有の疾患でもありません。

 

このページのトップへ