ウエスト・ハイランド・ホワイトテリアの子犬やブリーダーも探せる犬図鑑。

サイトマップ

 

ウエスト・ハイランド・ホワイトテリア

ウエスト・ハイランド・ホワイトテリア

 

ウエスト・ハイランド・ホワイトテリアの歴史

ウエスト・ハイランド・ホワイトテリアの歴史ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアは、「ウェスティー」の愛称で親しまれている純白のテリアです。スコットランドのウエストハイランド地方で作出され、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの名前も地名に由来しています。

 

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの祖先犬はケアーン・テリアからときどき生まれるホワイトテリアで、ポルタロッチに住む人々がそのホワイトテリアに興味をもち、繁殖をはじめたとされています(当時ケアーン・テリアから生まれるホワイトテリアは淘汰されていた)。

 

当初、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアはケアーン・テリアとよく似ていたため、ケアーン・テリアの変種として扱われていましたが、1907年にイギリスのドッグショーに登場して以来、独立した犬種として認められるようになりました。

 

1908年には、アメリカで「ローズニース・テリア」として犬種認定されましたが、翌1909年には、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアに変更されました。 現在、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアは、テリア種の家庭犬としての地位を確立し、日本でも徐々に愛好家が増え、その地位を確立しています。

 

このページのトップへ

ウエスト・ハイランド・ホワイトテリアの性格

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアは無邪気でとても明るく、活発な性格をしています。独立心が強く頑固な面も持ち合わせていますが、飼い主には忠実で深い愛情を示してくれるでしょう。また、頭も賢いため、しつけもしやすいといえます。

 

このページのトップへ

ウエスト・ハイランド・ホワイトテリアの飼い方

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアは暖かい地域であれば屋外で飼育することも可能ですが、出来れば家族と一緒に屋内で飼育してあげましょう。活発な犬なので、毎日の運動は欠かせませんが、とくに長い散歩は必要ありません。近くの公園などで一緒に遊んであげるのもよいでしょう。硬い被毛は毎日ブラッシングしてあげ、汚れがひどいときは洗うよりもドライクリーニングをおすすめします。また、3ヶ月に1回はトリミングを行い、きれいな形に整えてあげましょう。

 

このページのトップへ

ウエスト・ハイランド・ホワイトテリアの毛色

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの被毛は5cmほどの長さがあり、硬い毛質をしています。毛色はホワイトのみが認められ、それ以外の色は認められていません。

 

ウエスト・ハイランド・ホワイトテリアの毛色

 

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ

ウエスト・ハイランド・ホワイトテリアの病気

純犬種のほとんどは、目標とする理想的外貌が得られるように近親交配がなされ作出されており、ウエスト・ハイランド・ホワイトテリアもその例外ではありません。この作出のプロセスにおいて、望ましい遺伝子の固定化に隠れ、望まぬ遺伝的疾患の素因が固定されている場合があります。いわゆる血統上の弱点です。これはウエスト・ハイランド・ホワイトテリア特有の問題ではありませんが、例外でなく素因を持っている可能性が高いと理解してください。

 

■気をつけたい病気■

・レッグ・ペルテス・パーセス病 ・アレルギー性皮膚炎 ・頭蓋下顎骨症

 

※これらはすべてのウエスト・ハイランド・ホワイトテリアに起こる訳ではなく、またウエスト・ハイランド・ホワイトテリア特有の疾患でもありません。

 

このページのトップへ